AdSheepは、新米バックエンドエンジニアの技術分野に留まらないライフハック風ブログです

【GAS】ClaspでGASをローカルで編集・管理できるようにする

GAS

どうも、ShouNです。
GASは外部アプリケーションと連携させてなにかさせるなど便利に使えますが、デフォルトではWebブラウザで編集・管理します。そのため、誤って削除などしてしまった場合は大変です。
また、いちいちWebブラウザからGASの編集画面を開くのも面倒ですよね。
自分の肝いりのエディタで編集したいですよね。Gitでソースを管理したいしたいですよね。
本日は、GASのソースをローカルに落として編集・管理する方法です。

Claspについて

Googleが出しているCLIソフトのClaspを使うことで、ローカルにGASをクローンしてくることができます。
あとはローカルで好きに編集したり、デプロイしたり良しなに。
Claspより古い公式プロジェクトでnode-google-app-scriptというものもありますが、Readmeを読むと、最新のプロジェクトであるClaspのインストールが推奨されています。

工程

  1. npm(nodejs)の導入
  2. Claspの導入
  3. GASをローカルにクローンする

npmの導入

Claspがnodejsで実装されているので、パッケージ管理ツールのnpmを導入します。
公式サイトからLTS版のNodejsをDLして、インストールします。
ターミナルから導入できたことを確認しましょう。

$ node --version
$ npm --version

Claspの導入

ターミナルで以下のコマンドを実行します。

npm i @google/clasp -g

GASをローカルにクローンする

ここの設定からGASAPIをオンにしましょう。
その後、以下のコマンドでブラウザが立ち上がるのでアカウントを選択します。

clasp login

クローンしたいGASのWeb上の編集画面から、ファイル>プロジェクトのプロパティでスクリプトIDを確認しておきます。
ローカルにGASをクローンするディレクトリを作成し、ターミナル上でそこに移動しておきます。
以下のコマンドでクローンを実行できます。

clasp clone <スクリプトID>

なお、ローカルでの変更をWeb上のGASに反映したい場合は以下のコマンドです。

clasp push

gitコマンドみたいですね…

以下を参考にしました。
claspを使い、GoogleAppsScriptプロジェクトをgitでバージョン管理する
GoogleAppsScriptの新しい3つの機能 その3 CLITool Clasp

まとめ

ShouN
ShouN

GASもローカルで編集したり、Githubで管理することで保守・管理しやすくなりました。

コメント