AdSheepは、新米バックエンドエンジニアの技術分野に留まらないライフハック風ブログです

ThinkPadX201をSSDに換装してメモリを増設した話その2

ThinkPad

どうも、ShouNです。

今回はX201スペックアップの第2回です。

SSDの換装について書いていきます。

 

X201からHDDを取り出す
X201のHDDの入っている部分は側面にあります。
ねじ一つで止まっているので、ねじを外して蓋を開けます。
黒いビラビラとしたビニールのテープがあるので、それを引っ張ってHDDを引き出します。
引っ張り出したものがこちら。
HDDはケースにねじ4つで固定され、ねじ留めされた側面にゴム製のカバーがかかっています。
カバーもねじも全て外してしまいましょう。
ケースの固定ねじをはずしたら、HDDをケースから取り出します。
HDDをSSDに換装する
購入したSSDを、HDDの入っていた土台に入れ替えます。
ここでよく見てほしいのですが、X201は厚さ9㎜のHDDを使っています。
当然、HDDを固定するケースもそれに対応したつくりになっています。
しかし、SSDの多くは厚さ7㎜程度なので、普通にケースに入れただけでは上側に隙間ができてしまいます。
ねじで固定するので大きな問題にはなりませんが、ゴムカバーが緩くなるので、PCに戻したときにケースごと上下に動く可能性があります。
その程度の衝撃でダメージを受けるほどSSDは耐衝撃性が低くはないので、物理的な影響は気にしなくても大丈夫です。
使っていて中でカタカタ動く音が鳴るのが気になる人はスペーサーを購入することをお勧めします。
スペーサーを取り付けることで、7㎜厚のSSDを9㎜厚用のケースに適合させることができます。
スペーサーをSSDに取り付けます。
手前の黒いビラビラが邪魔でしたね(汗
SSDの上、淵を沿うようにスペーサーがくっついているのがわかると思います。
商品の説明文にもありますが、スペーサーはSSDの上につけましょう。SSDの下やケースにつけると固定ねじを締められなくなります。
これでゴムカバーもしっかりハマってくれます。
あとは元の位置に仕舞って…
終わりです。お疲れさまでした。
仕舞う際は黒いビラビラを押さえつけ、ケース巻き込むように仕舞ってあげてください。
後からだと結構ぎちぎちで黒いビラビラが仕舞えなくなります。
PCを起動してみる
PCの電源を入れます。
OSが入っていない状態ですので、真っ黒の画面が出てきますが正常です。
ATA HDD0の項目を見ると、きちんと240GのSSDが読み込まれています。
後はお好きなOSをインストールすればPCとして使えるようになります。
何も入っていない状態ですので、OSのセットアップディスクをDVDドライバから読み込むだけでいけるはずです。
※X201にはDVDドライバが付属していないので外付けのDVDドライバを用意する必要があります。
私は今回、Ubuntu16.04の安定版をインストールしました。
Ubuntuの導入については以下で詳しく手順が解説されています。
参考
ShouN
ShouN

Ubuntuの最新版は17.10ですが、私のPCではインストール段階でフリーズしました…。無用な問題を避けるのであればやはり安定版を選択するのが正解かも??

コメント